仕上がりを良くしたい!屋根塗装のクオリティ向上に役立つ雑学を一挙に紹介

お家の中で最も重要な部位は、実は屋根なのです。
屋根が機能しなければ、すぐに家は傷み水漏れに悩むことになります。
ここではそんな大切な屋根塗装のクオリティが上がる方法についてまとめました。
品質の良い屋根とはどういうものであるのか、塗装が必要となるタイミングはどこで判断すべきなのかなど、知りたい情報を満載でお届けします。
塗装会社との見積もりで気を付けたいポイントもあるので、発注側はある程度基礎知識を入手しておくべきです。

仕上がりを良くしたい!屋根塗装のクオリティ向上に役立つ雑学を一挙に紹介

屋根塗装には何を使えばいいかわからないという方は、多いものです。
近年、屋根塗装の分野でクオリティが高いと呼ばれている塗装はフッ素塗料を使用したものと言われています。
屋根塗装の中でもかなり長い年数の寿命を持ち、耐久力の高さのクオリティは最高のものです。
超高層ビルなどに使われるほど光沢も良く、丈夫で機能性が高いという点が屋根塗装で注目されている理由と言えます。
汚れから物質を保護することも可能なのできれいな状態をキープすることが出来るでしょう。

屋根塗装をスムーズに行いやすい季節

屋根塗装をスムーズに行うためには、雨が少なく気温も安定している時期で、乾燥に必要な日照時間も確保できる春から梅雨が始まる前が最適です。
屋根塗装では雨が天敵となるので、梅雨の時期と雨が多い季節は向いていません。
塗装面が濡れている状態では、塗装しても塗料が密着しなかったり、乾かないため、雨が降っているときは塗装を中止する必要があります。
また、気温が5度以下の時や湿度が85パーセント以上のときは、塗料が乾きにくく塗装が行えないため、寒い地域では平均気温が5度以下になりやすい冬場は難しくなります。
反対に夏場では、塗料が揮発しやすく乾かす時間が早まるため、塗料の調節と最適な乾燥時間の見極めが重要です。
早朝に露や霜が降りる季節も、屋根が濡れていると塗装ができないので注意が必要となります。
見積もりを複数社からとって依頼する会社を決めるまでに時間がかかるので、塗装希望月の2か月前頃が動き始めるタイミングです。

屋根塗装の乾燥に影響を及ぼす気温

屋根の耐久性を高めるためには、定期的に屋根塗装をすることもおすすめです。
屋根塗装をすることで、素材の劣化を防ぐこともできますし、遮熱性や断熱性を高めるタイプなら、室内環境が良くなるというメリットもあります。
塗料を塗ったあとは乾燥させる必要もありますが、気温も大きく影響するといわれています。
温度の高い夏場は揮発性が高まり、乾きやすくなります。
そのかわり、水分が一気に蒸発するので塗膜に気泡ができやすいともいわれています。
冬場は空気が乾いているので塗料も乾きやすくなると考えられますが、日照時間が短くなるので乾燥に時間がかかる傾向もあります。
梅雨時期は温度も高くなりますが、雨も多いので工事も中断することが多くなってしまいます。
屋根塗装は年間をい通して申し込むことはできますが、スムーズに作業を進めていくなら雨も少なく気温も安定しやすい春や秋が向いています。
この時期は繁忙期でもありますので、予約は早めにしておくことをおすすめします。

屋根塗装の着手から完了までに要する時間

何かをスタートする場合には、終わりが見えていると一安心です。
例えば、受験勉強の場合であれば、スタートは勉強を決意したその日ですが、終了は合格した時や試験がすべて終わった時です。
場合により不合格になり、大学受験ならばもう1年の可能性もあるでしょう。
ただそれであっても、やはり自分が辞めるか合格すれば終わりが来ます。
このように終了が分かっていれば、おおよそのペースを掴むことができるかもしれません。
実は、屋根塗装をする場合も同じようなことが言えるわけです。
どれほどの時間がかかるかは屋根塗装業者によって異なるものの、概ね10日ぐらいの期間は考えておいた方が良いです。
しかも営業期間が10日間と言うだけで、日曜日などは日数に入れないこととしています。
これはあくまで目安になりますので、場合によってはそれ以上伸びる可能性も否定できません。
よくある例の1つが、次の時期等で雨が降ってしまった場合です。
3日連続で雨が降っている場合には、その分だけ三日間は伸びると考えているかもしれないです。

屋根塗装に向けて実施する屋外調査

屋根塗装の屋外調査には具体的な場所を確認して見積りを出すために行われるというイメージがあります。
確かに精確な見積りを出すことも大切ですが他にも調査を行う理由が存在します。
屋根塗装を行う工事会社は現場の環境や依頼者の要望を調べて完成後のイメージを明確にしたり、屋根以外にも修繕が必要な場所がないか確認するために綿密な調査を行います。
工事会社は事前に行った調査結果に基づいて具体的な見積りを作成します。
調査は主に前情報の確認と、スタッフが実際に現地を訪れて状況を確かめる方法で行われます。
見積りを作成するには必要な塗料や施工方法を検討し図面などの資料から築年数や塗装歴、土地の環境を調べます。
前情報の収集では色や仕上がりのイメージ、予算や雨漏りなどトラブルの有無について依頼者にヒアリングを行います。
さらに塗装工事を行う場所を確認して劣化状況を調べ、使用する塗料を選定したり補修作業を検討します。
工事会社が屋根塗装を行うためには事前の綿密な屋外調査が重要になります。

屋根塗装に関する情報サイト
屋根塗装で大切なこと

お家の中で最も重要な部位は、実は屋根なのです。屋根が機能しなければ、すぐに家は傷み水漏れに悩むことになります。ここではそんな大切な屋根塗装のクオリティが上がる方法についてまとめました。品質の良い屋根とはどういうものであるのか、塗装が必要となるタイミングはどこで判断すべきなのかなど、知りたい情報を満載でお届けします。塗装会社との見積もりで気を付けたいポイントもあるので、発注側はある程度基礎知識を入手しておくべきです。

Search